ショッピング枠現金化に伴うリスクとは

ネット上の広告で、クレジットカードのショッピング枠現金化というのを目にしたことはありませんか。ショッピング枠を現金化できるのなら、まだ10万円ほどあるし、お小遣いもほしいから現金化してみようかと、つい考えてしまいがちです。でも、ちょっと待ってください。
実はこのショッピング枠現金化というのは、枠の分を買い取ってくれるわけではないのです。この方法には買い取り式とキャッシュバック式の二通りがあり、前者は物品を購入させてそれを業者が買い取り、手数料を引いた分が渡されます。後者はやはり物品購入をした後、その代金の何割かがキャッシュバックされるわけですが、購入代金は自分で返済しないといけません。しかも渡される金額は、手数料差引やキャッシュバックで、実際の金額よりも少なくなっています。その分の差額は、自己負担となるわけです。
さらに換金目的でのクレジットカード利用は、横領罪や詐欺罪の可能性も出て来ます。また、利用規約違反で、クレジットカードを会社に返さなければならなくなります。こういう、クレジットカード本来の目的とは違った方法での利用は、必ず落とし穴がありますので、ショッピング枠現金化という文字を見ても、決して現金化しないようにしましょう。確かに、買い取りやキャッシュバックで一時的にお金を手にできますが、その後の返済が大変です。
また、返済出来ればいいのですが、出来ない場合は債務整理ということにもなりかねません。この債務整理で自己破産を選択した場合は、通常であれば初めての場合は免責が下りますが、ショッピング枠現金化の場合は、その免責が下りず、全額返済しなければならないこともありますので、その意味でもこういう利用法は避けるようにしてください。

http://www.genkinka-cac.com/