ペットを病気から予防しよう

フィラリアは、犬がかかる病気であるという認識が一般的ですが、猫にも高確率で感染する病気です。ペットとして飼育している猫を外に散歩に出ることが出来る状態にしている場合には、予防をしていないと場合3年以内に高確率で寄生されます。

 

予防のためには、月に1回予防薬を使用することが一番ですが、フェラリアの卵を運ぶ媒体である蚊が多い夏時期には外に出さないようにすることも重要です。

 

万が一フィラリアに寄生されてしまった場合には、獣医師による診察後に専用の駆除剤を服用させる必要があります。症状が進行した場合には、心臓の太い血管にフェラリアの成虫が住みつき、機能の障害を引き起こすため、血尿や呼吸困難などの症状を引き起こします。

ペットの予防薬はこちら